歴史を知る
祇園金瓢の町家は文化7年創業の由緒ある造り酒屋の母屋を受け継ぎました。
築200年以上の建物をできるだけ昔のままに改修・再生し古き良き京都の暮らしを感じられる宿として誕生しました。
1日1組のプライベートな環境で歴史に触れながらゆったりとお過ごしください。
暮らしを感じる

うなぎの寝床と言われる京町家には当時から様々な暮らしの工夫がなされてきました。
土間に在る天窓から注ぐ光の陰影や虫籠窓から通り抜ける風の匂い。
町家での滞在を通して当時の京都の暮らしを感じてみて下さい。

感じる
見る
酒蔵の見学
昭和61年までこの地で行われてきた酒造り。
当時の酒蔵や酒樽は祇園金瓢の建物の一部として再生しました。
実際に使われていた酒造りの道具は今も展示しております。